deoxyrib-nucleic-acid’s diary

好きな人と母のおかげで自殺せずに済んでる病んだ高校生のつぶやき。

友達の奨学金申請内容案

私は母子家庭で苦労している母を見ながら育ちました。

母の助けになりたい気持ちもあったけれど、私自身病気を患ってしまって、行き詰まる時期がありました。

そのときにご縁があって出会ったカウンセラーさんのお話を聴き、助けられ、私もカウンセラーになって、私のように悩んでいたり苦しい思いをする人を助けるために、カウンセラーになると決め、今回奨学金の貸与を申請しようと思いました。

 

2017/06/15 16:49:01)

彼女と別れた好きな人。

 

今も別れた彼女と電話をしてる。

 

私は、邪魔でしかないって、わかってる。

 

一切連絡していないなんて、しょうもない嘘をつくから、信頼しきれない。

 

しょうもない嘘が、なんでバレないと思うの。

 

それとも、わざとバレバレの嘘をつくの。

 

貫き通せる嘘なんてこれっぽっちもない。

2017/06/12 05:48:21)

ご飯作って、風呂入って、仕事に行って、帰ってきて洗濯して洗い物して掃除してペットに餌あげて夜ご飯作って私をなだめて相手して、へとへとなはずなのに。

いつもやさしく寝かし付けてくれて、いつも嫌な言葉もやさしく叱ってくれて、しあわせでしあわせで、あんまりやさしいから、泣きそうになるときもある。

いつもやさしくしてくれるのに、私は本当に使えない。

泣いて怒って怒鳴って殴って、暴れたい放題暴れて、病んで、泣かせて、自分の最低さに頭抱える。

眠れない日は疲れてるはずなのに、いつもいつも寝かし付けてくれる。

でも、今日は私、一人で起きてた。

疲れて眠る顔みて、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

自分の使えなさにいらいらする。

大事にしたいのにボロボロにしてしまう。つらい。

(2017/06/10 03:00:32)

久々の深夜徘徊。

 

休み前の夜は、ゆっくりダラダラお喋りして過ごしたいと、わがままがよぎったけれど、我慢した。

 

 話したいけど、中途半端な相づちで半分も話の内容を聞いてもらえない状況なら、話さなくていい。

 

 でもやっぱり、ちょっと、話したかった。

むずむず、もじもじ。。

 

近ごろずっと、思うところがあるんだ。

 

f:id:deoxyrib-nucleic-acid:20170610043144j:image

2017/06/04

山裾の看板を見て思ったことです。

私はどちらかと言うと、誰かのために、よりも、自分のために、という方が好き。

まあ、どちらかと言うと。

今までいろんなボランティアでいろんな年代、いろんな思いを持ってボランティアに参加する仲間に出会ったけれど、誰かのためにボランティアをしている、そんな自分に酔い痴れている人ってひとも少なからず居た。

誰かのために、ではなく。
自分のために、でもなく。

ゴミが落ちていれば捨てるし、迷子になった子どもがいれば一緒に親を探したいし、重い荷物を運ぶ人が居れば一緒に筋トレ兼ねて運びたいし、etc..。

ボランティアって枠が無くても、困ってる人に肩貸すくらいのことが当たり前にできる世の中が私の理想ではあると。

小さな親切大きなお世話と言うけれど。

少しの親切でまるで英雄みたいに褒めちぎる。そういう風潮がすごく嫌いです。

まるで誰にも真似出来ない偉業を成し遂げたかのように。

席を譲る、荷物を持つ、道案内をする、ゴミはゴミ箱へ。

ちょっとやさしくなれたら、周りを見渡せたら、誰にでもできるはずのこと。

私は人と関わることも好きだし、いろんなものを見て触れることも好きで、なにより楽しいこと嬉しいこと、感動とか高揚感を誰かと共有することが好きだから、ボランティアにも参加する。

結論は自分のためになっちゃうけれど、きっと身近なことなら、何も考えなくても体が動くようになっている。

駆けつけた時、周りの人にすごいね。って言われるのが大嫌いです。

嫌悪感がわきます。

私の悪いところです。f:id:deoxyrib-nucleic-acid:20170604220748j:image

(2017/05/15 04:26:04)

怖いことだらけで、うんざりする。

承認欲求なんかじゃないって、そこは何故か頑なな自分。

寂しくて、胸が痛くて、いざとなれば、死ねばいいや。って、そんな事しか頭にない。

そんな自分にまた、うんざりする。

自由なようで、柵だらけ。

自由が効かない。

空虚なかんじ、胸がとても痛い。

(2017/05/14 20:21:50)

誰にも言えないなんて、そんな事ない。

誰にも言えないんじゃなくて、誰にも聞いてもらえないだけ。

傾聴してくれるような人がいないだけ。

 

ただ聞いて、そう。と流して終わるだけなら、犬でもこどもでも出来る。

私の周りが、その程度ってことかな。